しらかわブログ

キシリトールの効果

2019年7月17日 (水)

キシリトールという成分をご存知ですか?

キシリトールは白樺という木から発見された成分で、虫歯にならない砂糖として近年注目を集めています。

キシリトールの虫歯に対する最大の特徴は、虫歯菌によって分解されても酸が産生されないという点です。

そもそも虫歯とは、虫歯菌が砂糖などを分解したときに作られる酸によって歯が溶かされる現象を言います。

しかし、キシリトールは分解されても虫歯の原因となる酸が出ないため、お口の中に残っていても虫歯になりにくいのです。

また、虫歯の主な原因であるミュータンス菌に取り込まれると、酸を作り出す代謝を抑制する効果があるため、非常に有益なのです。

しかし、市販のキシリトール配合のお菓子はキシリトールの他にもお砂糖を含んでいることがほとんどです。

お菓子にはなるべくキシリトール配合のものを選び、できれば歯科医院専用のキシリトール100%のお菓子を食べるようにしましょう。


カテゴリー: スタッフブログ