しらかわブログ

虫歯予防に効果的な歯磨きって?

2017年4月27日 (木)

毎日、歯の治療のために多くの患者さんが来られます。また、そのほとんどの方が最低限のエチケットとして歯磨きをしてから来院されていると思います。しかし、実際に口の中を診察するときちんと歯磨きができている患者さんというのが本当に少ないと感じます。
以前に比べて歯の健康に対する意識は高くなっているようですが、なかなか日常の歯磨きに時間と手間を取ることができないということもありますし、念入りに磨いたつもりでも歯ブラシなどが届かない場所などは磨き残しが多く見られます。歯は自分では正面の鏡でないと見ることができません。
しかも見えている範囲でしか目視では確認することができません。特に歯の裏側やその間、奥歯の周辺などは見えにくく磨き残しが多いところです。また、多くの方が歯ブラシのみで同じ箇所を磨いているのか磨けていない場所もありますし、歯ブラシでは届かない場所はデンタルフロスやピックなどできちんと隅々までケアできていないことが多くあります。奥歯が虫歯になりやすいのはやはり見えにくいことと、歯ブラシが届きにくいというところに原因があります。そういった見えないところ、歯ブラシの届きにくいところまできちんと磨き歯垢をきっちりと落とす必要があります。

歯磨きには長く磨き時間を取ることよりも1本1本磨き残しがないように丁寧に隅々まで磨くという意識をもって磨くほうがより効果的だと言えます。奥歯の裏など届きにくいところは専用のヘッドの小さな歯ブラシに持ち替えて磨いたり、先ほどのフロスを併用するなど1種類の1本の歯ブラシだけに頼らず工夫するとより効果的です。


詳細はこちら

カテゴリー: 未分類

歯肉炎のときの歯磨きで血が滲むのは何故?

2017年4月24日 (月)

通常、体の表皮から血が出るときには痛みを伴うものです。
例えば、皮膚を切れば痛みとともに血が出ますよね。

でも歯肉炎(軽度歯周病)になると、歯磨きの際に血がにじむのに、不思議とズキッと痛んだり、しみたりはしません。
なぜ血が出るのに痛くないのでしょうか。

これは免疫システムが歯周病原細菌と戦うことで歯肉に炎症が起き、毛細血管が集まっているところを歯磨きでこするために起こる出血なのです。

このとき、歯肉はブラシによって傷ついていますが、ズキッという切り傷のような痛みはありません。
しかし、歯と歯肉の隙間に歯周ポケットができているため、極細毛のブラシを使っていると、そこに毛が入り込むことでチクチクと痛いような、痒いような感覚を伴うことがあります。

健康な歯肉には歯周ポケットはないため、本来そのような痛みは起こりません。
症状が改善されることで出血は止まり、痛まなくなるでしょう。

一生懸命磨いても症状が変わらない場合は、当院へお越しください。
歯周病の治療を行います。


詳細はこちら

カテゴリー: 未分類

麻酔注射の際に気を付ける2つのこと

2017年4月19日 (水)

局所麻酔の注射は刺すときと麻酔薬を注入するときに痛みを感じやすくなります。
つまり、この2点に工夫を施せば麻酔注射もその後の治療も、ほとんど痛みを与えることなく行うことが出来ます。

注射を刺す際の痛みは想像がしやすいかと思います。
当然針が入るため、チクっとします。
麻酔薬は注入箇所の組織を広げることで浸透していきます。
このスピードが速かったり、麻酔液が冷たかったりすると痛みにつながります。
そのため、ゆっくりと人肌に温めた麻酔液を注入する方が痛みは少なくなります。

今は直径が0.4㎜、0.3㎜、0.26㎜の針が一般的に使用されており、昔よりも細くなっています。
そのため、表面麻酔をしなくても痛みはかなり少なくなりました。
昔の麻酔注射を経験したことがある人には、拍子抜けする人もいるかもしれません。
昔の麻酔注射は今よりも太いだけでなく、切れ味が悪く、それも痛みの原因となっていました。
その当時の経験が原因で今でも歯医者が嫌いな人は多くいらっしゃいます。

しかし、これはとてももったいないことです。
今は昔よりも注射がかなり改善されていていて、そのうえ更に表面麻酔を施すこともできるためです。
歯医者を怖がって自己流のケアを行っていると、ますます疾患が進行し、大きな治療が必要となってしまう可能性があります。
当院でもできる限り痛みを感じない治療を行っておりますので、ぜひご安心してお越しください。


詳細はこちら

カテゴリー: 未分類

入れ歯は調整が大事

2017年4月6日 (木)

入れ歯は痛い、噛めないというイメージをお持ちの人は多いと思います。
その原因は入れ歯がお口に合ってないからで、全ての入れ歯が合わないわけではありません。
精密な入れ歯を製作するには、型取りと調整の長い工程が必要です。
しかし、保険診療では素材や費用の限界もあり、調整に限りがあります。
一方で、自費診療であれば、最大限合うまで調整が可能です。
そのため、自費診療では精密な入れ歯が作製できます。

合わない入れ歯を装着すると、強すぎる力がかかったり、反対に力が全く伝わらず顎の骨が減ってしまうことがあります。
しっかり合った入れ歯を装着すれば、食事や会話も楽しめ、お口の変化も抑えられます。
入れ歯にお悩みの方は自費診療による入れ歯も検討してみてはいかがでしょうか。


詳細はこちら

カテゴリー: 未分類