しらかわブログ

セラミック歯は欠けやすいってホント?

2017年9月22日 (金)

セラミック歯というと、飯碗のような陶器を思い浮かべ、欠けやすいイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。
また、実際にセラミッククラウンを装着していて、欠けたという話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では実際にセラミック歯は欠けたり、割れたりしやすいのかというと、昔のものと比べると品質が向上し、割れにくくなっています。
セラミックは金属の被せものと比べて、硬度が高く、摩擦にも強い一方、耐衝撃性が低いのが特徴です。

耐衝撃性については、高いところから落とした場合に割れやすいということを想像すると分かりやすいでしょう。
金属は高いところから落としても割れそうではありませんよね。しかし、セラミックであれば割れてしまいます。

金属は柔らかく、成形加工がしやすく、耐衝撃性が高いため、歯科の修復材としては非常に優れています。セラミックよりもゴールドクラウンの方が良いと勧める歯科医師もたくさんいるのはそのためです。

セラミック歯の良さは何と言ってもその審美性です。同じ白い素材であるプラスチックよりも丈夫で長持ちします。口を開けたときにむし歯の治療跡が分かりにくいということは見た目に自信が持てるということです。それは自分に自信が持てることにも繋がります。お顔にお化粧をしたり、髪の毛をトリートメントしたりするように、お口の中も白くて自然な歯に替えてみませんか?


詳細はこちら

カテゴリー: 未分類

朝こそマウスウォッシュでお口スッキリ

2017年9月14日 (木)

CMでもよくみる洗口液(マウスウォッシュ)。
やってみるとお口はスッキリしますが、実は口をゆすぐだけではプラークは取れません。
つまり、マウスウォッシュは歯磨きの代わりにはなれないのです。

では歯磨きの仕上げにやるのがいいのでしょうか?
確かに口の中がキレイになった状態で口をゆすげば、消毒の効果はあるでしょう。
でもその代わりにこれでは歯磨き粉に含まれるフッ素を洗い流してしまいます。
フッ素の効果を高めるには、歯磨き後のゆすぎは1回に留めておく必要があります。
そこで、マウスウォッシュは朝一番の歯磨き前に行うことをお勧めします。

歯肉炎などの症状があるときは朝起きたときに口腔内がねばつくことがあります。
他にもこのような場合は、寝る前に食べたものの影響で舌に汚れが付いている可能性もあります。
きっと口臭もするはずです。
このときのお口の細菌環境はあまり良くなく、まずは朝食前に歯磨きをしましょう。

マウスウォッシュはここで出番です。
歯磨き前にしっかりと30秒間口腔内を洗口します。
すると、お口の中に存在していた菌を洗い流すことが出来、歯磨きの下準備に最適です。

起き抜けに口臭がする場合は、寝る前の歯磨きの仕方が不十分な可能性があります。
町田のしらかわ歯科でブラッシング指導とクリーニングを受けて、今日から清潔なお口を目指してみませんか?


詳細はこちら

カテゴリー: 未分類