しらかわブログ

歯周病と全身の病気の関係とは

2022年11月29日 (火)

ひとつ疾患があると、他のさまざまな全身疾患との関連を指摘されることが少なくありません。ご多分に漏れず、歯周病もまた全身疾患を深く関連しているのです。なぜ歯周病が全身疾患を引き起こし、また、全身疾患の方も歯周病を悪化させるのでしょうか。

 

歯周病と心疾患

歯周病が悪化すると、歯ぐきで歯周病菌が増殖し、血流に混ざって心臓へ到達します。やがて、血液を介して心臓の内側にある膜や弁に歯周病細菌が感染することで炎症が発現し、心不全を発症する確率が上昇します。

また、心臓の血管に歯周病菌が付着し、血中のフィブリノーゲンが増加して血液がドロドロになり、血栓が形成されやすくなります。

 

歯周病とメタボリックシンドローム

高血圧・脂質異常などの生活習慣病では脂肪が増えると炎症性物質が作られます。これによって動脈硬化が発現します。

メタボリックシンドロームに歯周病が合併すると、さらに体内の炎症反応が増強します。

脳卒中や心筋梗塞は命の危険につながり、後遺症が残ると不自由な生活を強いられます。

 

歯周病と低体重児出産

妊娠中に歯周病にかかると低体重児出産や早産の確率がアップし、早産の50%以上が歯周病感染によるとも言われます。

歯周病菌が増殖することにより、炎症性物質が過剰に分泌されます。歯ぐきの血管から炎症性物質が侵入し、子宮の収縮運動を促進して早産や低体重児出産を引き起こします。

 

 


詳細はこちら

カテゴリー: 歯周病

マウスピース矯正「インビザライン」の歯が動く仕組みとは?

2022年10月24日 (月)

インビザライン矯正は、従来のワイヤー矯正のようにブラケットなどを使わず歯と歯ぐき全体を覆うマウスピース型の矯正装置を用いて歯を動かしていきます。従来のワイヤー矯正と比較して、金属を使用しないので審美性に優れ、また取り外し可能なため清浄性も抜群です。

 

まず、スキャナーを用いて歯形や歯並びのデータを採取し、その口腔内の歯列データを専用のソフトで分析した後にカスタムメイドでマウスピースを数個から数十個お作りします。作製するマウスピースと装着する歯の間には少しズレができるように意図した設計となっており、マウスピースを装着することで、このズレの向きに圧力が歯にかかり、歯がその方向へと動きます。インビザラインはSmartTrack素材という特殊な強化プラスチックを使用しているため、弱い力を持続的にかけて歯を移動させることが可能です。

 

インビザラインでは、約1~2週間でマウスピースを新しいものに取り替え、約0.25mm~0.35mmずつ歯を移動させます。より小さな力で徐々に歯が動き、今までのワイヤー型矯正と比較すると、矯正中の不快な痛みや違和感が少ないと感じる方が多いようです。また、歯の移動量の調整がしやすいので、従来のワイヤー矯正で生じることがある歯根吸収のリスクがほとんどありません

 

このような方法で、マウスピースを交換しながら少しずつ歯を適正な位置に移動させる方法がインビザライン矯正なのです。


詳細はこちら

カテゴリー: スタッフブログ,矯正治療

小児歯科は何歳から行くの?

2022年9月20日 (火)

「歯医者さんって歯の治療を行うわけだから、歯が生えて虫歯になったら行けばよいのよね!」とお考えの親御さんも多くおられるかと思います。しかし、答えはNO!です。ご自分のお子様に長持ちする白く輝く歯をプレゼントしたければ、ぜひ、赤ちゃんのうちから歯科と仲良しになっていただきたいのです。

 

乳児のうちから歯科に通う意義とは?

 

なぜ、乳児の時から歯科に行く必要があるのでしょうか。

当院では、以下の理由から、なるべく早くからご来院いただくことを勧めております。

 

  • 歯科医や衛生士がお口の中を触ることに早いうちから慣れる
  • 虫歯になりやすい幼児期のブラッシングのポイントを学ぶ
  • 歯の健康を意識した離乳食や子育てのアドバイスができる

 

このように、物心つかないうちから、お口の中を触られることに慣れておくと、通院や仕上げみがきを嫌がらなくなります。

 

~治療の必要がない健康な歯を維持~

保護者の方にも、清掃方法や歯の大切さ、離乳食のポイントなどを早い時期にお伝えできるので、お子様のお口をより良い状態にしていただけます。乳歯が生えてきたら、ご自身でみがけるよう少しずつ楽しい雰囲気の中でお教えします。いずれは、自分でしっかりみがかないと気が済まないお子様に成長なさるはずです。また、定期健診とともに、奥歯の溝をレジンで埋めて、汚れがたまらないようにする処置など、虫歯になりやすい乳幼児期の歯の予防処置もいたします。


詳細はこちら

カテゴリー: 未分類

日頃から歯周病の予防をしたほうが良いの?

2022年8月16日 (火)

「歯周病にはなりたくないけど、どのくらい予防をしたらいいの?」と疑問に感じたことはありませんか?

今回は、歯周病の予防の頻度と、その理由について分かりやすくご紹介します。

 

歯周病には毎日の予防が大切です

お口トラブルの一つである歯周病は、歯の周囲の組織が菌に感染する病気です。

歯ぐきにのみ問題がみられる軽度の状態を歯肉炎(しにくえん)、進行して歯をささえる歯槽骨(しそうこつ)にまで問題が生じた状態を歯周炎(ししゅうえん)といいます。歯周病という呼び方は、歯肉炎と歯周炎の総称です。

 

毎日の予防が必要な理由を以下にまとめました。

 

痛みを感じないまま悪化する

歯周病は虫歯とはちがい、ほぼ痛みを感じることなく進行し、どんなに悪化しても違和感程度で済んでしまいます。

 

骨を溶かされると治すのが難しい

軽度の歯肉炎であれば、お手入れ方法の見直しと、数回のクリーニングで治ることが多いのですが、歯槽骨を溶かされる歯周炎になると一気に治療が難しくなります。場合によっては手術をしなくてはいけません。

 

口臭が強くなる

歯周病が悪化すると、腫れや出血だけでなく、膿(うみ)が出てくる症状がみられるケースも少なくありません。

それによって「少し離れていても分かるほどの強い口臭」がでることもあるため、注意が必要です。

 

毎日のケアで歯周病を予防しましょう

どんなに歯を磨いても、歯ぐきに汚れがついている状態では歯周病を予防できないので、歯の根元を歯ぐきもふくめて丁寧に磨いてください。1度きれいにしても食事をすれば汚れは再びつくため、毎日続けることが大切です。


詳細はこちら

カテゴリー: スタッフブログ,歯周病

矯正治療は何回でもしていいの?

2022年7月15日 (金)

一度しか矯正治療を受けられないという決まりはありません。実際に、矯正後に後戻りしてしまい、再矯正治療を受けられる方が最近は多く見られます。後戻りする原因は、①治療終了時は歯並びが整っていても、永久歯への生え変わりや顎の成長によって歯並びが乱れてきた、②部分矯正後に他の部分の歯並びの乱れが気になってきた、③最初の矯正治療で歯並びの根本的な問題が解決されず、後になって噛み合わせがずれてきた、などが考えられます。

 

中には歯肉退縮や歯根吸収、歯周病が認められるケースではリスクが大きく、過度の負荷がかかって歯を失ってしまう危険がありますが、特に問題なく再矯正を行える患者様が大半です。また、再矯正は、最初の矯正治療時より期間や費用などの負担が少なく済むことが多いのも特徴です。

 

永久歯が安定し、顎の骨の成長が完了してから歯並びを再度整えることは、以降の虫歯リスクや歯周病リスクを低減し、頭痛や肩こりを感じにくいバランスの取れた身体の維持に役立ちます。

 

再治療を検討される方は、矯正の認定医が治療計画を丁寧に説明してくれる歯科で十分にカウンセリングを受けることをお勧めします。一度はキレイな歯並びを手に入れたわけですから、後戻りを放置するのは大変もったいない気がします。


詳細はこちら

カテゴリー: スタッフブログ,矯正治療

  • 患者様の声
  • しらかわブログ