しらかわブログ

入れ歯の型取りはいつがいい?

2020年6月3日 (水)

歯が抜けてしまったら、なるべく早く入れ歯などで治療したいと考える方がほとんどだと思います。

しかし、歯科医院では、入れ歯の型取りまで、少し期間を設けることも多くあります。

入れ歯の型取りを先延ばしにする理由は、歯や歯肉の状態が変化する可能性があるからです。

特に歯を抜いた直後は歯肉に穴が開いている状態で、それに合わせて入れ歯を作ってしまうと、治って盛り上がった歯肉に入れ歯が当たり、痛みを引き起こす原因になってしまいます。

そのため、通常は歯肉が治る2~3週間ほど開けて入れ歯の型取りを行います。

しかし、前歯など、歯を抜いた直後に入れ歯が必要な場合もあります。

その場合はあらかじめ歯型を取っておき、作った模型の抜歯する部分を削り取り、それに合わせて入れ歯を作製しておくことで、歯がない期間を作らずに入れ歯を利用することができます。

このようなケースでは、抜歯した部分と入れ歯は合っていないため、複数回の調整が必要になります。

しらかわ歯科クリニックでは、入れ歯が必要な部位や、歯肉の状態、さまざまな条件を加味して、患者様に合わせた義歯を作製しています。

お困りの方はぜひご相談ください。


カテゴリー: 入れ歯