しらかわブログ

歯ごたえを感じる役割を持つ歯根膜について

2017年8月3日 (木)

歯周組織の中に、歯根膜というものがあります。歯根と歯槽骨の間にある膜で、歯が生えている状態を維持している組織の一つです。これは噛み応えを感じるためのセンサーの役割があり、食物を噛んだときのほんの少しの歯ごたえの違いも感じ取ることが出来ます。歯を不必要に動揺させることはよくありませんが、健康な歯でも多少歯は手で触ると動揺します。これも歯根膜があるためです。

インプラントは自然な噛み心地を得られるといいますが、歯根膜がないため、やはり天然歯の噛み心地には適いません。歯根膜ほどの精密な組織を作ることは今の技術ではまだ難しいでしょう。それほど、繊細で緻密な組織なのです。

歯周病が進行すると、この歯根膜も失ってしまいます。歯周病にならないように、定期的に検診を受け、歯を大切にしましょう。


カテゴリー: 未分類