しらかわブログ

歯周病菌を他人から移されたら、必ず歯周病になるの?

2021年6月7日 (月)

歯周病菌は唾液を介して感染するということは近年よく知られてきています。
では、お口に歯周病菌が入ったら必ずその菌により歯周病が悪化するのでしょうか?
それについては知らない方も多いのではないでしょうか。

 

実際のところは、歯周病菌がお口の中に入っても増殖しなければ、歯周病が進行することはありません。
増殖させないためには、菌が隠れられる場所を作らないことです。
例えば、歯垢、歯茎の中の汚れなどを放置しておかないことがポイントです。

 

毎食後歯間ケアをし、フロスをして、歯磨きをすれば一つの対策となります。
また、定期的に歯科医院でメンテナンスを受け、汚れが溜まっていないか診てもらうことも大事です。
その結果、ケアがしっかりできていれば歯周病の進行は防げるでしょう。

 

歯周病菌は飲み物の共有などでも移りますので、誰かと暮らしていたり、食事会によく出席したりする人はその分感染リスクが高くなります。
しかし、お口を日ごろから健康に保つことで歯周病菌の感染による影響を受けにくくなるのです。


カテゴリー: スタッフブログ,歯周病

  • 患者様の声
  • しらかわブログ