しらかわブログ

歯をなるべく削らない治療で注意すべきこと

2020年8月27日 (木)

天然の歯は削りすぎてしまうと、元には戻りません。
そのため、近年では多くの歯科医院が、できるだけ歯を削らないことに注意した診療を謳っています。

なるべく削らない治療を行う時に避けたいことが、虫歯を取り残すことです。
虫歯を取り残したままつめ物やかぶせ物をしてしまうと、内部で再発し、神経にまで虫歯が達するのも時間の問題となります。
そうなると、神経を除去して消毒する根管治療が必要となり、歯の寿命はさらに短くなってしまいます。
しかしながら、ここで厄介なのは、虫歯というものは健康な歯との境目が分かりにくいという特徴を持っています。
そのため、ある程度はしっかりと削る必要性も否めないのです。
虫歯はしっかりと削り、だけど健康な歯は極力削らない判断力。
そういったものを的確に判断し、処置することが歯科医師に求められていることだと考えます。
「なるべく削らない」という方針は巷でよく言われていますが、実は言葉の印象ほど簡単なことでもないというお話でした。


カテゴリー: 虫歯治療