しらかわブログ

妊娠して歯が弱くなったと感じる妊婦さんへ

2020年7月29日 (水)

妊娠すると、歯が弱くなる、という話を聞いたことはありますか?

最近では母子手帳に妊娠中の母親の口腔内の記録を取る欄が設けられるなど、お口の中の健康も注目されています。

妊娠すると、赤ちゃんにカルシウムを取られて歯がボロボロになる、という話がありますが、それはあまり正しくありません。

特に奥歯が影響を受けやすいと言われているのですが、それは妊娠初期のつわりによる影響が大きいと考えられています。嘔吐すると胃液が逆流し、口腔内に侵入します。胃液は非常に酸性度が高く、歯を溶かす作用があり、この影響が出やすいのが奥歯なのです。

もちろん、嘔吐した後しっかりと歯磨きをしてお口を中性に戻せば歯が溶け続けることはなく、影響も減らすことができるのですが、妊娠初期の口腔内は敏感で、歯ブラシを入れるのも無理、という妊婦さんもいらっしゃいます。

また、食事が不規則になり、歯磨きの回数がそれに見合っていないことによっても虫歯が増えたり歯周病が進行してしまうことがあります。

大変だとは思いますが、妊娠中もしっかりと歯磨きを行うことが非常に大切です。

どうしても歯ブラシが難しい場合は口をゆすぐようにしましょう。

妊娠初期や妊娠後期は治療やクリーニングが難しくなる場合もあるので、妊娠を考えておられる方は、なるべく早めにお口を綺麗にしておきましょう。

また、虫歯やお口に気になることがあれば、安定期の治療は一般的な治療と同様に行うことができます。

ぜひしらかわ歯科クリニックへご相談ください。


カテゴリー: 小児歯科,豆知識