しらかわブログ

過剰歯ってなに?

2020年7月15日 (水)

近年、過剰歯のあるお子様が増えています。

過剰歯とは、一般的に正常と言われる本数よりも多い「余分な歯」を指します。

過剰歯そのものが悪性という訳ではありませんが、余分な歯があると、正常な永久歯に悪影響を与える場合があります。

過剰歯ができやすいのは上の前歯の間です。ここに過剰歯ができると、前歯がすきっぱになってしまい、上手く食べ物を噛めなかったり、見た目が悪くなったりします。

また、他の歯の根元にできると歯の方向が不適切になってしまったり、位置によっては永久歯が生えるのを阻害してしまう可能性もあります。

過剰歯があるかどうかはレントゲン写真を撮影することによってわかります。

歯並びが気になったり、永久歯が生えてこないという問題がある場合は、ぜひご相談ください。


カテゴリー: 小児歯科