しらかわブログ

セラミック矯正ってどんなもの?

2020年3月25日 (水)

セラミック矯正そご存知ですか?

「1日で歯並びを治せる!」とか「仕上がりが綺麗!」といったうたい文句と一緒に聞いたことがあるかもしれません。

セラミック矯正とは、歯並びを治したい歯を大きく削り、綺麗な歯並びになるような被せ物を装着する治療法です。虫歯を削って被せたり詰めたりする治療と方法としては同じなので、見た目や色が綺麗な歯に治療することが可能です。

通常矯正治療には数か月~数年単位の時間がかかるため、短期間で治療が完了するという点に魅力を感じる方も多いようです。

しかし、この治療法にはいくつかの欠点があります。

まず、健康な歯を大きく削らなければならない、という点です。歯は皮膚などと違い、一度削ってしまうと二度と再生することはありません。セラミックは虫歯になりにくい素材と言われていますが、全く虫歯にならないわけではありません。そして、虫歯が再発したら、再度削って被せるという治療をしなければならないのです。

さらに、歯並びが良くなるように出っ張った部分の歯を大きく削りこむ必要があるため、場合によっては神経の治療を行う必要があります。神経を取る治療をしてしまうと、歯の寿命は大きく縮み、根が折れやすくなるというデメリットが生じます。

また、歯冠と呼ばれる見える部分と土台となる根の部分の方向や位置が大きくずれると、噛み合わせが悪くなったり被せたものが外れやすくなるというデメリットもあります。

このようなデメリットがあるため、なるべく自分の歯を残したいという方には、セラミック矯正はあまりお勧めではありません。

当院では、透明なマウスピースを使用した見えにくい矯正治療も取り扱っています。

歯並びが気になるという方は、一度しらかわ歯科クリニックへご相談ください。


カテゴリー: 矯正治療