しらかわブログ

歯医者さんではなぜ「左手」を挙げるの?

2019年10月30日 (水)

歯科治療中はお口の中に器具を入れるため、お話しすることはできません。そのため、苦しくなったり、痛みがあったら「左手を挙げてください」とお願いするのが一般的です。

ではなぜ多くの方が効き手とする右手ではなく「左手」なのでしょうか?

答えは治療ユニットの構造にあります。

歯科用ユニットと呼ばれる治療台は右利き用に作られているため、歯科医師が患者様の右側から治療をしやすいように設計されています。

そのため患者様の右側には「ドクターテーブル」という治療用の器具を載せる台が設置されており、さまざまな器具が準備されています。

治療中に患者様が右手を動かしてしまうと、ドクターテーブルにぶつかり、予期せぬ事故に繋がる可能性があります。

そのため、右手ではなく「左手を挙げてください」とお願いするのです。

歯科治療中の痛みや苦痛は想像を超える場合があります。

痛みが苦手な方は、痛みの少ない治療が得意なしらかわ歯科クリニックへどうぞご相談ください。


カテゴリー: スタッフブログ