しらかわブログ

過剰歯とは?

2019年9月25日 (水)

過剰歯という言葉を聞いたことはありますか?

人間の歯は28本、親知らずを入れると32本が正常と言われています。

それよりも余分に生えている、もしくは骨の中に埋まっている歯を過剰歯と言います。

たまに6歳臼歯が生えてくるタイミングで、お子様が「なんか取れた!」といって来院されることがあります。

稀に、6歳臼歯の近くから歯の欠片のようなものが出てくることがあります。これは過剰歯、もしくはその欠片です。取れてしまえば問題ないのですが、ずっと歯の表面に貼り付いていたりすると、溝に汚れがたまって虫歯になりやすかったり、噛んだ時に痛みが出る可能性があります。

また、上顎の前歯の辺りに余分な歯が生えてくることもあります。

どちらの場合も取り除いた方が良い可能性が高いです。

また、とれたものが虫歯治療で詰めたものの可能性もあります。

いずれの場合も診察が必要ですので、気になる方はぜひしらかわ歯科クリニックへご相談ください。


カテゴリー: スタッフブログ