しらかわブログ

歯のクリーニングを続けていると汚れが付きにくくなる

2017年10月19日 (木)

クリーニングなどの予防処置は本当に効果があるのか疑問に思う方はいらっしゃるのではないでしょうか。
「歯磨きなら毎食後しているし、何も有料でやってもらわなくても……」という考えもあるかもしれません。

実際、定期的にPMTC(クリーニングとスケーリング)にお越しいただき、歯をきれいにされている方の歯は段々と汚れが付きにくくなることが多いのです。もちろん、そのような状態にある方はむし歯や歯周病は発生しません。

クリーニングにできて、歯磨きにできないことは以下です。

 

・高い清掃能力
・研磨
・歯石取り

 

この全てが歯をきれいに保つために大事です。
歯石取りは歯周病予防に欠かせませんし、汚れをしっかりと落とすことがむし歯・歯周病予防に欠かせません。
歯石は唾液と歯垢が混ざり合い、ミネラル成分によって石灰化することで発生します。
クリーニングで歯がツルツルになることで、汚れが付きにくくなると、歯石も発生しにくくなるのです。

そのためにはホームケアである歯磨きの質も大切です。
クリーニング、歯磨き指導共に当院、町田のしらかわ歯科クリニックで行っておりますので、気になる方はぜひご利用ください。


カテゴリー: 未分類